浅間神社社殿

平成十年、東京都の防災再開発事業に伴い、社殿は富士塚よりこの場所に移動され富士山の邦楽(西南)に向けて建てられている。形式は、前面より拝殿、幣殿、本殿がエの字型に配された、近世以降の神社形式の基本形である。木造建築。建築年代は昭和九年(1934)。

拝殿は、間口二間半(455cm)、奥行二間(364cm)。正面向拝付。階段四級。四周に回廊付。床は寄木板張。壁は正面の中央柱間を出入口とする。天井は格天井(天井絵付)。屋根は入母屋造胴板葦。幣殿は、間口二間(366cm)、奥行一間(182cm)。床は板張。天井は拝殿と同じ格天井だが絵はない。屋根は切妻造銅板葦。本殿は、一間社流造。間口七尺(214cm)、奥行七尺(214cm)。正面に特殊な向拝を付ける。階段四級。左右側面に回廊付。向拝部分より板戸を付け、出入りする。床は板張。屋根は銅板葦とし大棟に鰹木五本、両端に千木を置く。

特徴としては、拝殿の肘木、木鼻の彫刻が丁寧に造られ、格天井の格縁内に描かれた絵は他に例を見ない。幣殿の左右両通りの扱い方、本殿の回廊、向拝の扱い方が特殊である。建築年代は比較的新しいが、拝殿、幣殿、本殿の三建築がそろって残っており、古い形態をよくとどめている。戦災を免れて今日に伝えられた木造の神社建築として貴重である。

20130317_浅間神社社殿2 20130317_浅間神社社殿2 20130317_浅間神社社殿3 20130317_浅間神社社殿4

20130317_浅間神社社殿5平成二十三年に拝殿格天井を全面改修、氏子崇敬者の皆様より48枚の天井画を御奉納頂きました。 天井画の制作には江東区美術協会所属の七名の画家にご協力頂きました。